シヴァムクティヨガWS

*日時・価格
⑴はじめてのJivamukti Yoga
7月26日(木)09:30-11:30 300元

⑵What is YOGA ヨーガ哲学
7月26日(木)12:30-14:30 300元

※2クラスともお申込みの場合は500元
(回数券使用不可)

*場所 古北スタジオ
*対象 初心者から経験者まで
*定員 限りあり

*内容
⑴はじめてのJivamukti Yoga

14のポイントに基づき、ヴィンヤーサスタイルで身体を動かしていきます。
またJivamuktiとはどんなヨガか。
ジヴァムクティヨガの歴史、創始者、世界9大ヨガと言われ愛されているのは何故か、5つの教義に基づいたお話もあります。

⑵What is YOGA ヨーガ哲学

Yogaとは何でしょうか。
ヨガはどこに向かっているのでしょうか。

ジヴァムクティヨガで最も大切にされているマントラ「Lokah Samastah Sukhino Bhavantu」と、ヨーガスートラの経典を使ってお話していきます
現代人の私たちにも古い文献は心の苦しみから救ってくれます。


MAHIRO(マヒロ)

ジヴァムクティヨガ正式指導員
東京池袋にNirvana Yoga Studioを設立する。
スタジオのディレクター業務、ジヴァムクティヨガの指導、ティーチャーズトレーニングメインティーチャー、外部スタジオのインストラクター指導・WS、企業向けヨーガ、特別学級の子供達にヨガを教えるなど活動中。

2016年グルーブヴィンヤーサ(バンド生演奏でヨガ)を大ホールにて行う。
インド・リシュケシにてナーダ・ヨーガ(音のヨーガ)を学び、インド・ヴリンダーヴァンにてバクティヨガをさらに深く体験し、キールタン(インドの神様の名やマントラを楽器演奏に合わせコール&レスポンスで歌っていく、古い歴史を持つヨーガ)活動を行っている。
2016年のヨガフェスタ、ルルレモンドームでの日本初のゴスペルキルタンの出演とプロデュースを行い、バクティフェスTOKYOでもプロデュース兼出演をする。
オーガニックライフTOKYOではジヴァムクティヨガ講師を務め、キルタンも行う。
現在は世界中から来るキルタン依頼を引き受け、ハタヨガの他にバクティヨガ(献身のヨガ)にも力を入れている。

〜ジバムクティヨガ〜

1984年にSharon GannonとDavid Lifeがニューヨークに設立し、国際的に認められている世界9大ヨガのうちの1つ。

JIVAMUKTI(ジヴァムクティ)とは
「生きてる中で、小さい自己から解放されている人」という意味。
人間、動物、植物、等の生物だけでなく、山や川や石等の無機物も含む全ての存在への思いやり・優しさをジバムクティヨガを通して悟りへと導きます。

またアーサナ(ポーズ)だけではなく
非暴力(Ahimsa)
献身(Bhakti)
瞑想(DHYANA)
振動「音楽」(Nada)
インド教本の教え(SHASTARA)
5つの教義に基づき、ヨガの哲学も学べる本格的要素も盛り込んだスタイル。

スティングやデザイナーのダナ・キャラン、スーパーモデルのクリスティー・ターリントンなどのスーパーセレブをはじめとした有名人から初心者や上級者、子供から障害者など沢山のニューヨーカーが多くのクラスに通っています。

Cangguではじまる二週間の日常


バリのチャングーというサーフィンの有名な街に滞在ちゅう。

はじめてのバリ!
上海から直行便もあるけれど今回はKL経由で。

Samadi というヨギーには有名なヨガスタジオで二週間のアシュタンガのトレーニングがはじまりました。
ヨガスタジオ以外にステキなオーガニックカフェと宿泊施設があるSamadiは、スウェーデン人、フランス人、バリ人の共同経営ですって。

既に数日の練習が終わったけれど、とにかく身体がかたくて仕方ない。
フライトの移動が多かったからか、何かの理由で心が固まっているからかしら。まだ何故か分からないです…
スタジオは素敵で気の流れも良くて心地よい練習ができるはずなのに、正直なところ身体は全然気持ちよい感じじゃない。
しかも頚椎ヘルニアからと思われる左腕が最近またずっと痺れてる、涙。

スケジュール的に一ヶ月の滞在は難しいから二週間だけのコースに申し込んだので、練習に対する気持ちは焦るけれど仕方ない。
早くカラダも心もこの場所に馴染んで欲しいな。痺れもなくなりますように、祈。

滞在は安いゲストハウス。
高めのSamadiには長期滞在できない⤵︎
窓からの田舎景色があってー
部屋に必要な荷物を広げたり、移動時には持ち歩くお気に入りのアロマを炊いたり、音楽に包まれた快適空間を作ったり。
近くのスーパーで日用品を揃えて、原チャも借りて、いろいろ準備完了。

そして何より驚いたのがー
はじめてチャングーを訪れたのに奇跡のように日本のお友達数人がバリにいる!
日本でもなかなか会えなくて、お互いの予定も知らないのに、何故か同じタイミングで同じ場所に別々の場所から集まる不思議。
そして迷わずスレ違わずにお互いがキャッチする。
常々その感覚やアンテナは張っておきたいと思っているけど、偶然が一つじゃないと少し怖い。

感覚が研ぎ澄まされてくると、自分のいる場所や進む道が自然と見つかるのかしら。
まだ全然分かんないけど心地よい場所にいたい、願うのはそれだけかな。

ウエサクの満月に@ホイアン


ホーチミンまで来た日にちがホイアンのランタン祭りにタイミング良くて。
ホーチミンからダナンに✈︎
そしてホイアンまで車で40分の旅。

満月の夜にあるランタン祭り。
年に一回かと勘違いしたけど、満月ごとにあるらしいーつまりほぼ毎月、笑。
みんないつでも行けますよ、気をつけてw

あり得ない暑さのなか汗だくで脚が棒になるくらい歩いて歩いて歩いて、ランタンの灯りを見ながら満月のヒカリを浴びる。


ローカルビーチから見た大きな満月は震えるくらい綺麗なヒカリのカーテンを海に靡かせて、時間を忘れるぐらいに感動する。
上手く写真に撮れなかったけど⤵︎


海辺で女子にカンパイしてみたり


料理の写真ないけど、ベトナムなのに美味しくて有名なダナンにもあるギリシャ料理のお店で食べたり


White Roseっていう薔薇の花のように餃子を包む有名な餃子やさん(ベジ対応あり)に行ったり

チャム島にも日帰りトリップ
船で30分くらいだったかな

何にもないけど田舎な感じが意外に良くて
今まで苦手だったシュノーケリングを言われるがまま再挑戦して、楽しくて海と一体になる感覚にハマってしまったり。

有りがちな不味いに決まってるご飯も期待を裏切り美味しくてw

焼き雲丹にもあり付けた!

今回も現地集合と現地解散の旅だったけれど、旅慣れたお友達のおかげで充実。

どんどん旅のカタチも時間の使い方も変わって、新しい自分を探し続けて見つけていく近頃。

Osaka→ HCM→SH→KL✈︎


5月中旬から急に決まった用事で移動が続き、上海を出たり入ったり。
数日だけ上海にいてレッスンをして移動するという2週間あまり。
基本的に頻繁な移動が好きではないから、仕方がないとはいえ何でこんなスケジュールに…しんどい⤵︎

そしてまた移動ちゅう。

大阪では友達の家に泊まり梅田のアシュタンガヨガスタジオで練習。
はじめての場所と先生だったけれどマットにたって自分スイッチが入れば、練習することはいつもと一緒なので安心。
日常に戻れる感じが心地よい。


HCMも用事があったついでに友達に会う。
フクちゃんとは春にチェンマイであったから久しぶりでもないけれど、色んな話しであっという間。
それぞれの近況や情報を話してお互いがエネルギーチャージできるって距離感、いいよね。
特別なこともしないし、今回は買い物もかなり控えたしw

一泊してからダナン、ホイアンまで飛ぶ。
この話しはまた別途…

ベトナムから戻って二日だけ上海にいて直ぐにまた浦東空港に。
この二日の間にレッスンをしながら急なスケジュールの変更が連続で続き、ひとに会ったり、やらなきゃいけないことが二倍増しになってしまったので⤵︎ヤバかったけれど何とかひとまず乗り越えた。

途中流石に思考のエンジンが止まり、バスで降りる場所を乗り過ごしたりして。
パッキング前に二時間くらい休みをとる。
なんか忘れものをしていそう。

ただいまKLで休憩中。
目的地は一緒なのに、ここから友達と便が違うため私だけ先にフライト。
なんでなん、笑