Osaka→ HCM→SH→KL✈︎


5月中旬から急に決まった用事で移動が続き、上海を出たり入ったり。
数日だけ上海にいてレッスンをして移動するという2週間あまり。
基本的に頻繁な移動が好きではないから、仕方がないとはいえ何でこんなスケジュールに…しんどい⤵︎

そしてまた移動ちゅう。

大阪では友達の家に泊まり梅田のアシュタンガヨガスタジオで練習。
はじめての場所と先生だったけれどマットにたって自分スイッチが入れば、練習することはいつもと一緒なので安心。
日常に戻れる感じが心地よい。


HCMも用事があったついでに友達に会う。
フクちゃんとは春にチェンマイであったから久しぶりでもないけれど、色んな話しであっという間。
それぞれの近況や情報を話してお互いがエネルギーチャージできるって距離感、いいよね。
特別なこともしないし、今回は買い物もかなり控えたしw

一泊してからダナン、ホイアンまで飛ぶ。
この話しはまた別途…

ベトナムから戻って二日だけ上海にいて直ぐにまた浦東空港に。
この二日の間にレッスンをしながら急なスケジュールの変更が連続で続き、ひとに会ったり、やらなきゃいけないことが二倍増しになってしまったので⤵︎ヤバかったけれど何とかひとまず乗り越えた。

途中流石に思考のエンジンが止まり、バスで降りる場所を乗り過ごしたりして。
パッキング前に二時間くらい休みをとる。
なんか忘れものをしていそう。

ただいまKLで休憩中。
目的地は一緒なのに、ここから友達と便が違うため私だけ先にフライト。
なんでなん、笑

観て満足 食べて満腹 マカオ旅


お友達のマカオにショー観に行くけど一緒に来る⁈ から始まった労働節に一泊の旅。
最近軽く誘われて流れにのるパターンが多い、笑

The House of Dancing Water
http://www.thehouseofdancingwater.com/jp

元シルク・ドゥ・ソレイユのプロデューサー、フランコ・ドラゴーヌ演出

力強いスピード感と躍動感のパフォーマンスが水中や空中で繰り広げられて。
舞台は大きな海や河になったり、陸や浅い砂浜のようになったり。
場面に合わせて変化するので一気に舞台に引き込まれてしまう。

やっぱりワクワクどきどきエンターテイメントが好き!

今回の旅はこのショーとポルトガル料理が狙いで、迷わず一眼レフを持っていったー

タコのリゾット。
出汁がしっかりでて外卖したいくらい美味しかった♡

鱈とジャガイモのオーブン焼き
いわしの塩焼き
どちらもシンプルだけど素材の味が引き出されていて

ポルトガルワインもサービスで頂いて明らかに食べ過ぎ!
「A Tasca Do Luis」

初日夜にガッツリ食べたにもかかわらず。
二日目ランチもお腹はち切れるくらい食す。

あさり
トマトベースっぽいけどトマト味じゃない。
再現したいけど分からない⤵︎

小さいイカの中に刻んだ下足が詰めてあって煮込んだ料理

鱈のガーリックグリル

手作りプリン
「Restaurante Fernando」


合間に牛乳プリンもしっかり食べた、笑

ブレイクスルー/18th Apr.

今夜の練習で今まで怖くてできなかった
ハンドスタンドからのブリッジを一応克服。
壁なしハンドスタンドはできるのに肩に怪我をしたくなくて恐怖しかなくて、一歩が踏み出せなかった。
頑張ったわたし、おめでとう。

日常のレッスンでは皆んなのやる気を奮い立たせるような発言をしてるけどw
自分のことになると中々トライすら出来ず。
本当にダメダメ⤵︎

一緒に練習してる友達のモチベーションに助けられて私のモチベーションも保たれてる感じ。

今日こそトライしなきゃ、このまま立ち止まったままじゃ嫌だ!と覚悟を決めて頑張ったら意外と出来た、笑
メンタルって大切。

色々あるけどもうちょっと頑張っていこー

Handstand WS @Purefitness

今月IAPMの6階にできたPurefitness Shanghai のオープニングWSに!
3年前に上海でトレーニングを受けたmiguelが香港から来海したから。

Pureヨガグループのフィットネスは、とにかく大きい広い綺麗。
そしてガンガンに冷房が効いていて寒い⤵︎

無名だったmiguelが香港のPureグループと契約したのが、わたしが出会った後の約2年前。
月日を経て世界的にもその分野ではかなり有名になって、全くの初心者だった私も壁なしでできるようになったりしてw
久しぶりに受けたら、どんな感じかと少し楽しみで受けてみたら…

すっごい少人数で贅沢だった!
やった内容は本当にシンプルに初心者向けだったけど、少人数だからこそできる内容だったり。

今では片手でハンドスタンドをする彼が
壁ナシで倒立できるまで3年かかったり
怪我も沢山している話しを聞いて
すごく意外だったけれど。
誰しも積み重ねでしかないんだなーと実感したのでした。

タイのトレーニングに参加した時の先生のユバルはシルクドソレイユでのパフォーマーだったからジムナスティックだったけど。
ミゲルはカポエイラからはじまっていて。
同じハンドスタンドなのにバックグラウンドの違う二人が指導すると教え方もアプローチも違うんだよね。
最初トレーニング受けたときは私もハンドスタンドのビギナーで分からなかったけど。
どっちが良いとかじゃなくて両方あると最強。

今回はホントに少しの時間だったけれど、
新しい学びと気づきがあったし、
なにより友達が一緒で楽しかった!