蠍座の新月で10月が終わり、11月のはじまり


何から書いて良いのやら。
はーたん↑やってきて、癒された10月最後の金曜だったのに。

10月ラストの週末に、ここ最近でかなり衝撃的なことがヨガで起こり。
心で泣いて、涙がこぼれた。感情的ではないけれど、そんなときもある。

そしたら偶然にもラストの月曜が蠍座の新月。
蠍座って 復活とか再生を意味する。変革などの意味もあるらしい。
古い殻を脱ぎ捨てて より良い方向へ進んでいくために自身を破壊し、自分の本質に戻っていくエネルギーが働くんだって。
だから起こるべきして起こったのかしら。

自分のヨガの在り方やヨガを教えることの意味とか目的とか。
そういうのを振り返ったり考えたり見つめ直すキッカケに。足元を見つめ直すってやつ。

ちょうど大きく部屋を片付けていて、要らないものや無くても大丈夫なものを全部処分、捨てていたから。自分の周りで流れが変化しているみたい。

そんなときにちょうど夜スタジオに練習しに行ったら珍しくRobと話せる機会があり、いま自分が感じているヨガを練習することや教えることに対しての気持ちを率直に伝えたら、一生懸命聞いてくれて、聞き終わったら一気に答えてくれた。
普段たまに質問するくらいで全然話しもしないんだけれど、なんだか寄り添ってくれてる気持ちが嬉しくて泣きそうになった。泣きたかった。

ここ数ヶ月いろいろあって誰にも話せないで悩み、本当に苦しい時期が続いていて。練習への向き合い方も変わらざるを得ない状況になったのだけれど。
いつもわたしの側には支えてくれている大切なひとたち、ヨガの仲間や生徒さん、お友達がいて。
当たり前に感謝が深くなっていく。
そして答えは自分の内側にある。

Robと一緒に練習してスタジオに通いだして もうすぐ6年。わたしが上海でヨガを教える前からなので長いよね。スタジオメンバーでは古株三番めの位置になる、笑。
話しをしなくても いつも練習を見ていてくれる安心感や信頼感、守られている感、大切。

ヨガのアサナの練習ができなくなっても、教えることを手放したとしても、自分のヨガを探していたい。

いろんなことに気づいて始まった11月。
いまは此処にいたい。
今年の冬は上海で過ごすつもり。

On the mat

長いあいだガッツリしたMysoreのプラクティスから離れてた。
多分三週間ほど。
バルセロナ行ったり関西戻ったり。
お休み中はWSがあったけど何故か参加する気になれず、こんなにも練習から離れたのはヨガを始めてから初めてのこと。

以前は数日練習を休むのも怖くて、どんなに疲れていて時間がなくても無理やり練習に行ってました。
だけどやらなきゃいけないという思い込みは、カラダと心の緊張と固さを生みだし、しなやかな強さにはならない。
いつしか そう気が付いた、大きな一歩。

それからは繊細な身体の感覚や気持ちに意識を向けて、執着に心が奪われないようにしてる。
単なるLazyとも言いますが、笑。

久しぶりのオン ザ マット。
すこぶる調子が良い❤︎
体重がすっかり落ちて多分筋力も減ったけど、身体は軽く柔らかい不思議な感覚。
涼しくなったからかスタミナ切れることなく、アッパーバックが開き、肩も可動域が大きくなった。
腰はかたい感じがしてキツかったな。

まぁボチボチはじめましょ

Welcome October ♡

10月 食欲の秋

美味しいものをたくさん食べよう🍴

おいしい は裏切らない
おいしい と感じる自然な心の働き
おいしい はシンプルで潔い力強い

贅沢なものや珍しいものを食べる必要はなく、ただ、まいにちのごく普通のごはんを おいしい と感じるのは素晴らしいと思う。

日常そう感じられるこころの余裕を持てますように

グエル邸/BCNの旅も終わり/Day5

最終日はガウディもラスト。
グエル邸でスタート。


どの角度から撮っても美しい。計算された設計が光と空間を創り出す。

屋上の煙突は砕いたタイルで。


この日も空は蒼く。

ボケリア市場に向かって早めのランチ。また美味に出会う🍴
素材とレモン どちらが美味しいのか分からないけど絶妙のコンビネーション。再現したい。

街をブラブラ。それだけで画になる。

ツボなアクセサリーは香港系ポルトギーがデザイナー兼オーナー。
リングのサイズ調整もその場ですぐに。
華奢なチェーンが可愛くてお買い上げ❤︎

何気ない街のサイン

空き瓶でさえもオシャレ

あっという間の旅も終わり。全てに満たされる。
毎日たくさん食べていたのに、満たされすぎて1キロ痩せた。

久しぶりのヨーロッパは想像よりも全てが良かった。
ノープランから始まり、最後はフライト遅延でイスタンブールでのトランジットがヤバかったけど、色々となんとかなるものですね。
ターキッシュエアラインの機内食が毎回とても美味しいのと、遅延時の対応が素晴らしくて感動。イスタンブールでの一泊も回避できた!

いつも旅はなんとなく始まるのに、どれも忘れられないものになる。
今回の旅も色々あり過ぎて忘れられない、忘れたくない。
記憶にとどまる素晴らしく素敵な瞬間だった。

美味パエリアとカタルーニャ音楽堂/Day4

朝からピカソ美術館を巡ったあとはお待ちかねのパエリア。
ミオさんに紹介して頂いた地中海に面した人気のお店。
img_8889
迷うことなく念願のイカスミ。美味しすぎてパクパク食べる。
img_8877
白のサングリアにバレンシアオレンジが効いていて、アルコールを忘れた。今までで一番美味しい白のサングリア。
img_8883
チコリのサラダ
→ブルーチーズがスフレ状になって、パッションフルーツとハニーのソースが融合。びっくりした美味しさ。
奥はタラのペースト
→どうやって作るか知りたい。多分マヨネースとオリーブオイル。
img_8859
市内から少しだけ距離のある海に面したお店。
img_8861
食事時には一気に満席になった。予約必須ですね。
img_8895
デザートまで頑張ってたどり着く。ここはふくちゃんに任せた、笑。
img_8894

img_8860
地中海は青く美しく、海沿いをお散歩したいほどの気持ちの良い午後だった。

夜は建築物的にも素晴らしいカタルーニャ音楽堂にてフラメンコ。
ウェブサイトで何をやっているか確認できるので事前に催しものを確認して直感的にチケットを購入。カタルーニャ音楽堂だけの見学も可能だし、フラメンコも拘りがなければ何処ででも鑑賞することができる。

img_8914
中に入ってアングリ。ステンドグラスに包まれた空間。
そんな中で情熱的なフラメンコが始まった。
img_8915
照明が落とされたあと、わたしは一気に眠気に襲われる。
ぐらぐらしすぎて残念なことに余り覚えていない…
バイブレーションが凄かったのは確か、笑。
なにせ21時半からはじまったフラメンコが終了したのは23時。
ナントそれからお友達と合流。
img_8917
音楽堂近くの照明の外壁が個性的なホテルのバーで深夜まで話が弾む。
不思議とさっきの眠気はどこへやら。
日常の大切さに気づく足元を見つめなおした時間。

だから 旅を続けてしまう。