RIGHT PERSON will COME,RIGHT TIME


ただいま、上海

瞬発力のないわたしが、笑
駆け抜けた11月がもうすぐ終わる

東京の陰ヨガTT、インドのヨガ旅が一気に終わった
月日が経つのが早すぎて
何から書いていいのか分からないので
久しぶりに何となく趣くままに綴りたい

 

今年は今までの経験が繋がり
様々な機会が私にめぐって
新しいことにチャレンジしたり
新しい場所を訪れたり

楽しいことも
ウレシいことも
苦しいことも
溢れんばかりで
過去最高に能動的に一生懸命だった気がする

気づいたことがいっぱいで
手遅れだったことも
間に合ったことも
それぞれだけれど
それはそれで良かったと思いたい

新しいことは常に不安でドキドキが半端ない
周りから見ると普通にこなしているらしいけれど
全然そんなことなくて
はじめてのことや新しい場所は緊張で
トラブルやパニックなことも多かった

 

みんな大丈夫、大丈夫というけど
根拠のない大丈夫って言葉は何処からくるんだろう
貴女なら大丈夫だという励ましなんだろうけれど
わたしの性格からして
申し訳ないけれど全くもって
その“大丈夫”が信じられない、笑

 

結果的に分かったことは
準備なくして決して大丈夫ではないが
十分にやりきれば
思ったように上手くできなかったとしても
自分にとって意味のある結果をもたらすということ

何度、誰のせいにもしない
自分で責任をもって
自分を信じるしかないと思っただろうか

誰かに過度な期待をしたり信じ過ぎたりすると
苛立ちや怒りが生まれるから
期待した自分に責任を持つように
考え方のアングルを変えるようにした

それがいいのか悪いのか分からないけれど
とても判断がシンプルになったのは確か

考え過ぎると悩むクセがあって悩み過ぎる
悩むとどうして良いか分からなくなる
だから悩まずに、もう決めてしまった方がいい
いま一番良いと思った方法を見つけられたら
それを選択すると良いね

 

 

そして言葉はツールであって
コミュニケーションとは別物ってことが
身を持って分かった

コミニュケーションに言葉は必要だけれど
言葉で一生懸命伝えても伝わらないことがあるし
言葉がうまくなくても伝わることは伝わる

これって本当に難しい

全部を分かってもらうことは難しいし
分かり合えないことがあっても仕方がない

分かってもらえないことは
お互いにとって
とても悲しいし心が深く傷つくけれど
努力してもムリなことってあるんだよね

だから逆に
分かってもらえないことを受け入れて
手放しちゃうと途端に気持ちがラクになる
これ、不思議

分かってもらえないことを受け入れるということは
自分の気持ちを伝える努力をしないということではなく
自分の気持ちを精一杯の伝える努力をしたうえで
相手がどう思うか考えるかは
相手に委ねるということ
つまり相手をコントロールしようとしないということ

プージャ(ヒンドゥー教の朝のお祈り(護摩焚き))で
何度も唱えるスワハというマントラの言葉は
SVAHA
LET IT GO
手放す、委ねる
という意味

早朝のヨガが終わった後に参加したプージャで
スワハって唱えながら火を囲んだ時に
自然と涙がでるのは
要らないものを手放す準備ができたから

シャバアサナで涙が出ることがあるのも同じ
我慢をしないで涙を流したほうがいい

ヨガって難しいポーズができたり
出来ないことを一生懸命に取り組んで
修行することだけではなく
身体を動かしてプラーナの為のスペースを作り
呼吸と動きを調和させて
カラダにプラーナ(気)を巡らせていく
それが大切なこと

中医や陰ヨガでも気の流れを大切にするけれど
プラーナ(気)が滞ると病気になっちゃう
だから心と身体は繋がっている

アシュタンガヨガやハンドスタンドなどのアドバンスに
挑んで頑張ることも楽しくて好きだけれど
多分わたしの心の奥底、潜在意識で求めているのは
自身を覆っている不要なものを取っ払って
本来の自分に戻っていくこと、解放ではないかしら

 

自分を大切にするって
簡単なようで難しい
わがままと言われても
誰かに合わせ過ぎたり無理しないで
自分の気持ちに素直に従う

そうしたら些細な幸せが十分に味わえるから

飾ったり大きく見せたりしないで
自然体でいよう

等身大の自分を愛して、受け容れて

わたし、もっと自分を大切にしよう

シワシワのインド服がお気に入りなんだから♡

すべてに感謝を上海に感謝を


上海でヨガをやって気がつけば長くなりました
楽しいことも大変なことも沢山あって追いつかないほどw

実は今まで一度もヨガクラスを無料でやったことがない。
ヨガクラスの無料体験をお願いされたこともあるし、
何かのキャンペーンで無料クラスを提案されたこともあるけれど、ずっと指導することに誇りを持っていて
自分を奮い立たせるために、どんな時も無料でしないと決めてきた。

 

お金と時間をかけてクラスに通ってくださる人を大切にしたい気持ち
クラスを丁寧に行いたい自分への責任

 

ヨガを指導する時間は、その瞬間かもしれないけれど
日常的に自分の練習をしたり
トレーニングで学びを続けたり
目に見えない部分で費やしている時間や努力をしていて
自分で自分を評価したいから

 

もちろんビジネス的には無料にして沢山の方に来ていただいて
集客を増やすことに繋げるほうがいいのかもしれない
けれど、その選択肢は私にはなかった
それは、本当にヨガをしたい人を大切にしたい気持ちが強かったから

 

ずっとその気持ちは変わらないと思っていたし
変えるつもりもなかったけれど
昨年から今年にかけて様々な経験や体験、出来事と
ヨーロッパを旅して距離が近く仲良くなったお友達と
ストックホルムでのアシュタンガの練習を機に
大きく気持ちが変化していった

 

 

今まで本当に沢山のひとにお世話になり助けられて
上海で暮らしヨガを教えていること
ヨガを練習できている環境にあること
それをこの上なく幸せに思うこと

全ては、これまで私のクラスに来てくれたひと
上海で一緒に過ごしたお友達
みんなのおかげ
それが揺るぎない事実だから

 

この私の感謝を返したい気持ちが強くなって
上海で自分が今できることは何か
どういう形でこの場所に還元できるかを考えたときに
ヨガしかないと思って

無料でヨガをすることに

 

たった一回の無料のヨガだけれど
ただの自己満足かもしれないけれど
私にとって、とても意味のあること

 

 

もう日本に帰ってしまって
会うことができない人たち
過去わたしの日常にいてくれた大切なひと達
いま現在わたしを大切に想ってくれるひと達
繋がっている人もいれば
繋がっていないひとも
ずっと私を支えてくれて本当にありがとう

そして上海
ここに連れてきてくれてありがとう

 

みんながいるから
今のわたしがいる

 

この気持ちをこれから先もずっと忘れないように
記しておこう

October DETOX

久しぶりにブログを書こうとして
前回のブログを読んで感動したw

私は自分の過去書いた文章を読むのが好き。
その時々に感じた場面が思い出されて、
忘れかけていた気持ちを思い出すから。

最近のこととは思えないくらい昔だけれど
バリ楽しかったなあ
全力で駆け抜けた感が強い

田んぼから部屋に差し込む朝日を浴びて起きる瞬間が生きてる感じがして、とても幸せだった。
なぜなら私は高熱が出て苦しんでいたから、笑。
チャングーに着いた当日から寒気がして、ノックダウン。
皆んなには気づかれないように頑張ったけど、いま思い返すと一年に一度やってくるデトックスだった。ちなみに昨年も8月に高熱が出たんだな。

恐ろしいくらいのデトックスだった、というか毒が溜まりすぎていたのだ。
それしかない。

高熱が出て
声が出なくなって
鼻水がでて
咳が出て
風邪の症状が順番にやってきた

心と身体は繋がっているというけれど、
カラダのデトックスの後には心のデトックス。

そのタイミングでコミュニケーションが上手く伝わらないトラブルが起こり。

ひどく落ち込んで
悲しんで
吐き出して
空っぽになって
穏やかさを取り戻す。

昔はそのサイクルに時間がかかったけれど、
びっくりするくらい整理して手放すのが早くなった。
良いことか悪いことか分からないけれど、良しとしたい。

うまくいかないことって、落としどころなく不思議とうまくいかない。
必死で努力したけれど、諦めることも上手くなったと感心する。

やっぱり私は無理をしたくないし、
わたしはわたしでいたいのだ。

誰かに何かを言われても
そのまま自然でありたい。
わがままかもしれないけれど
それが、わたしだから。

そのままの私を受け入れて大切に思ってくれるひとと
お互いの限りある時間を一緒に過ごしたい

自身をいたわりケアしたいし
向き合って相手の気持ちにも応えたいから

どんな形であれ
大切に思う気持ちは変わらないから
その気持ちを大切にしたいのだ

だれと一緒にいる時が一番心地よいか意識してみると
それが答えになるよね

Happiness around us 幸せの瞬間に気づく

長くブログを書かないまま何ヶ月もたち
その間にRYT200がはじまって終わり
ケンハラクマ先生の来海
陰ヨガTTアシスタント
わたしの札幌WS、東京クラス
プライベートでは大切なひとの他界
お友達の本帰国
あるキッカケで友達が友達でなくなったり

 

めぐる来る季節とともに
たくさんの出来事が猛スピードで過ぎて
傷ついたり悲しんだり
けれど、ゆっくりとその気持ちを受け入れたり
感じたりする時間もなく、気づくと9月だった…

基本的にノンビリと過ごすことが好きで
とても怠惰な性格なので、笑
物事がものすごい勢いで進んだり変化することに
ときどき気持ちがついていかず苦しくなる

大好きなヨガに携わり生活ができること
本当に恵まれていると感謝するけれど、
いったんバランスが崩れると逆にツラい

 

お友達の住むストックホルムに行くと決めたのは春
珍しく早くに予定をたてて
フライトも予約して仕事の段取りも全て終えたのに
直前で行けなくなるハプニングが幾つも起こり
全部覆ったので、心挫けて諦めそうになった
直前にフライトを数日ズラして、行くと決めたけど
最悪なことにハプニングは前夜にまで起こり
一睡もしないまま、翌日早朝の機内に乗りこんだ

で、スウェーデンに着いたら
パスポートコントロールで
機内にパスポートを忘れたことに気づき
近くにいたキャビンクルーに声をかけて
取りに行ってもらう大失態をおかす
初めてのスウェーデン
先が思いやられると落ち込んだ

ストックホルムでは
お友達ダンの所有するアパートメントに滞在し
結婚でストックホルムに本帰国したお友達
上海で一緒にヨガを練習していた
ラエ、エミール夫妻にも再会
想像以上にお互い、うれしかったな

この旅のハイライトは
ストックホルムのスタジオで毎日早朝マイソールの練習をしたこと

偶然見つけたDavidのマイソール
エミール夫妻に紹介してもらって
もちろんいくよね、じゃあ行くか、みたいな感じでw
ヨガ旅の予定でなかったのに
結果的に完全なヨガ旅になったw

 

毎日一週間 早朝6時半からガッツリ練習
夏のストックホルムの朝は寒かったけれど
自分のためだけの時間に集中した

一週間しかいないと分かっているのに
Davidは初日から気にかけてくれて
少し遅れてスタジオ入りした私に
マットをひく場所を作ってくれたり
途中からスペースが空いたら
一番前に移動するように言われたり
受け入れられている感じが心地よくて
久しぶりに恋に落ちた気持ちになったw

みんな8時前には練習を終えて仕事に行く
静かなシャラは呼吸の音が響き
自分の内側に集中していく

来海当初は上海に自分の居場所がみつからなくて
ただただスタジオに通い毎日練習していた

ストックホルムで毎朝スタジオに通い練習して
上海でReddoor(ヨガスタジオ)でRob(先生)に出会い
ヨガの練習だけのために上海に住みたいと思った
9年前の感覚を思い出した
Davidはマイソールの練習のためだけに
ストックホルムに住みたいとさえ思わせてくれた

 

素晴らしい先生って
必ずしも凄いポーズが出来たり
技術が優れてるわけではなく
わたし達の可能性を引き出したり
そのまま受け入れてくれることではないかと思う

 

実は怖くてずっとトライ出来なかった
壁なし7ヘッドスタンドが出来たのは
きっと指導を終えて
隣で練習していたDavidの影響を受けて
わたし強い気持ちを持てたから

けれど私が彼のクラスに恋したのは
出来なかったポーズが出来たからではなくて
どんなひとも受け入れて
変わらず同じ場所にいて教え続けて
生徒に寄り添っている
それがハッキリ感じられたから

 

Davidだけではなく
何人ものアシスタントの先生や
一緒に練習した話もしなかった人たち
みんなが私を受け入れていた
わたしが全く違和感なく
心地よく練習できたことに感謝しかない

 

自分の先生が見つからないひとが多いなかで
わたしは大好きな先生にまた出会えて
一緒に練習できて間違いなく幸せだ

 

泣きたいくらい幸せなこの瞬間を
この先もずっと忘れない

わたしがそうだったように
母国でない場所や海外で暮らすとき
今までの経験や自分の価値観を強く持ちすぎたり
特に女性は結婚や出産で
仕事やライフスタイルが変わったりすると
見えないストレスが多くかかる

 

だからからか、ひとは承認欲求を満たすために
(誰かに認められたいために)
会社やグループなどの何かに所属したり
肩書きを設けたり
資格を取得したりしようとするけれど
自分で自身を肯定し認めれば
誰かに認めてもらう必要はないのではないかしら
なかなか難しいことだけれど

必要のない資格に時間やお金を費やしたり
付き合いでの集まりに参加することも減り
大切なことに集中して時間をかけることができる

もちろん後から振り返って
必要なかったと思う出来事にも意味があるけれど

わたし上海で長い時間を過ごし
そして旅を終えて分かった気がする

 

 

人は皆んな
どんなひともそのままで価値があって
その人が持ってる能力や持ち物で
誰からもその価値をはかられない

 

ヨガや瞑想をすることで
外に向いている意識を内側に戻し
自分自身がそのままで価値があると
皆んなに気づいて欲しい

 

上海で暮らす前も
上海で暮らしてヨガを教えはじめた頃も
ホントに寂しく苦しい時期があったので

 

 

私は日常のレッスンを続けたいし
わたし自身を肯定するために
ヨガの練習を続けるのだと思う

 

自分を知るって、そういうこと
じゃないかな

 

 

自分が自身の一番の理解者でいたいし
時々一生懸命に疲れて挫けそうになっても
自分の決断を信じて生きていきたい

 

 

 

決断を迷ったり
間違ったりするけれど

わたし不器用だから
そう、一生懸命に生きて
うん、信じるしか出来ないんだな

 

 

 

明日もヨガをしよう

The seasons come around 季節はめぐる

BKK.NYC.Bahamasの春節の旅から戻り
恒例のChiangmaiヨガ旅を経ての上海の日常は
気がつけばもう今年も3分の1が過ぎつつある
寒くて雨ばかり降っていた冬を忘れるくらい早いもので、季節も春から初夏に移り変わってきた。

3月はチェンマイも含めて21日間、過去最高と思うくらい自分の練習に時間を費やした。
まぁもっと毎日練習している人もいるけれど、私のライフスタイルでは時間的にも体力的にもこれがマックスで、限界かなと思うまでやってみた。
何故だか分からないけれど、突然何かに駆り立てられるような焦燥感が自分の中に湧き上がってきて、不思議と今までなんとなく過ごしてきた上海の時間を取り戻すかのように一生懸命になって。

けれど身体はとても正直で、しっかり練習した分だけ変化してカラダがととのった。カラダが整うと心も穏やかになってきて日常のリズムが出来た。
必要なことと必要じゃないこと、大切にしたいこととそうでないこと。
それが明確にハッキリしてきて、不思議なくらいの自分軸が感じられて、ブレないってこういうことかと自分でも怖くなるくらい。だけど不安がなくなった。

私は感覚や直感で生きているひとで、どうにもこうにも文章能力が著しく乏しくBlogを中々書けない。
基本的に日常で感じたことはクラスの中で伝えるようにしていて、また直接お伝えしたいと思っている。それは自分のヨガのクラスで、ヨガのポーズ以外をとても大切にしたいからだと思う。
なので、大した情報はないけれど、私の上海ライフやヨガライフが気になる方はインスタやストーリーからどうぞ。

最近は上海の街の変化や周り環境の変化が激し過ぎて、ついていけくなりそう。
数年前の中国はそんなことなかったと思うけれど指導者が変われば完全に変わる、身をもって体験しているところ。物凄い勢いで様々なシステムや制度が整備されています。身近なところではゴミの分別とか、先日分別用のゴミ箱が配られたのには驚いた!

実際また来月とか言われても自分の予定が全然分からない、笑。酷ければ来週さえも未知。だから人との約束は常に前倒しで基本的に2週間後の約束をすることがない。これは上海で培われたサバイバル能力でしょうか、笑。

長く上海で暮らしていても、まだまだ知らない上海があったり新しい上海を発見したり。
天気が良くてお散歩をする時間をとるようなったので、ちょっとしたことが楽しかったりします。いつもの癖から自分を解き放ってワザと違うことをする、それで新しい自分に気が付いたりが新鮮だったり。まだまだ自分のことを知らないんだな、って、笑。
そういうヨガから離れた日常のなかでヨガ的なことをしていくのが私のブームかな。

上海生活もヨガライフも長くなってきたのに、どちらも全然飽きないで心地良くて。
刺激という言葉では表現しきれない自分を取り囲むあらゆる出来事に意味があって、ただ観察したり、感情的に揺さぶられて苦しい思いをしたり。そんなことを繰り返しながら毎日が良い意味であっという間に過ぎていく。
そして実は今まであった自分ルールの枠からはみ出すようになってきました、笑。自分で自分を制限するのをやめて、自分でいうのもなんだけれど集中してやりたいことをして一瞬一瞬を好きなように生きてる感じ。
なんとなくでなくて一生懸命っていうのかな。この言葉が適切かどうか分からないけれど、それでいて肩の力が入らないように流れていく勢いのある川の流れ、流れそのもの、みたいな状態。そうでありたいな。
だって、わたしたちの身体の60~70%は水からできているんだもの。

誰かに流されるのではなく、自分の意思をもって能動的に強く流れていきたい。
そうすれば思い描いた流れにならなくても、自分の未来に繋がる流れになるはず。
そう自分の強さを信じて。

さぁ練習に行こう。