遂にサグラダファミリア/Day3

三日目はサンパウ病院から始まる。ガウディではない建築物。
素晴らしいけど感じるものが違うのと、やはり病院。
エネルギー感がちょっと。ソワソワして長時間居れなかった。

晴れていて気持ちの良い日だったけど。

それから上海友達のトモくんの紹介で、バルセロナ在住の素敵な女性ミオさんとランチ。彼女のセレクトはバルセロナで流行っているお洒落ベジレストラン Green Spot http://www.encompaniadelobos.com/green-spot/
連日のバルで弱っている胃腸に優しく癒してくれた。

テーブルごとにデザインの違う照明が置かれ、空間の作り方にセンスが光る。インテリアが素敵な店内は時間もゆっくりと流れる。

キヌアとケールのサラダは味噌ドレッシングで。

マイタケとハラオミのピザ
写真はないけど、パッションフルーツとミントのソースがついた、カリフラワーのフライも斬新なテイスト。

ミオさんは海外で暮らす女性のしなやかな強さ、だけど強すぎない感じと、日本人女性の奥ゆかしさとエキゾチックさが融合し、わたしの緊張感は半端なく増して色々と覚えていない。だから写真もないww
こんな風に仕草まで優雅な女性でありたい、そう感じたモーメント。
そして、ひととの出逢いが旅を彩る。

そして遂にサグラダファミリア!

とはいうものの外観を何度かみると慣れてきていて、少し感動が薄れかけていた。

神聖な教会だから空気感も重厚。
折角来たから中に入ろうとサクッと入ったら、外より中が圧巻。
言葉にできない素晴らしさ、伝えきれない。
ココは訪れるに値する場所。
経験や体験の大切さがわかる。
映像や写真では味わえない感動がある。

計算しつくされた構造。

光との空間。

時間によって景色が変わる。
写真を見ながらニヤニヤしてしまうくらい美しい。
ほぼほぼ一眼レフで撮影。

塔にも登る、怖かった。

バルセロナを一望。

img_8812

この後わたしは地下鉄の階段で転ぶ悲劇!
肘と腰を強打して半泣きとブチ切れを交錯させながらディナーに向かう。
今でこそ笑い話しになるけれど、向かった先はバルセロナなのにアイリッシュパブというバッドなセレクト⤵︎だいぶ後から事情を聞いて理解したけど。
そこで私はまぁ酷い悪態をつく、つきまくる。単なる八つ当たりとも言う。
腰の痛みと納得いかないお店のセレクトは、普段お目見えしないほど珍しいわたしの毒舌に拍車をかけ、バルセロナの夜が更けていった…

みんな楽しんで喜んでくれたけど、アレは酷い。
今なら謝れます、ごめんなさい。

BCNの街角でドラゴンが降りた夜/Day2


くったりしながらビールを飲んでタパスをつまむ。
一杯目が終わるころ、やっと会話が始まるくらい疲れていた、笑。
早朝からガッツリ動いていたから仕方ない。

気が付いたらみんながサッカーを観ていた。そう、ここはバルセロナ。

満たされたので帰ろうとしたその時、ロンドンから出張でバルセロナに滞在していたビジネスマン達と出会う。
翌日から彼らと連日過ごすことになるとは思いもよらず。
縁とタイミングの不思議。


ヨガをしてアジアを旅しているとそれぞれの場所で色んな出会いがあって、それは決して珍しいことではない。
だけど今回の出逢いはターニングポイントになりそう。

バルセロナのバルでロンドンと上海が出会う偶然に思いをはせる、ドラゴンが降りた夜。

グエル公園から始まるガウディ/Day2

奇しくも数週間前にバルセロナをスルーしていたお友達のアドバイスにより、早朝からグエル公園。後ろに見えるトカゲが有名なんだって。
img_8545
マイタクシーと呼ばれるUberみたいなアプリを使ってタクシーでやってきた。このアプリ、欧州ではかなり便利みたい。
この滞在中に何度か使った。

img_8606
チケットは事前にネットで購入。時間指定で入場制限があるのでバルセロナでの建築物の入場は事前にのネット購入をお勧めします。
わたし達は自由な旅だったので、夜な夜なネットでチケット購入。
これが意外に大変で面倒。地味に二人で頑張った。
img_8592

fullsizerender-27

img_8585
陽が差し込み空間が変化する。
img_8611
わたし達も朝陽でひなたぼっこ。
いま思い返せば二日目が一番しんどかったのに、旅の威力ですごいスケジュールで動いていた。
img_8612
そしてボケリア市場に移動。
fullsizerender-21
サーディンがお洒落に美味しい。
img_8626
タコが柔らかくて、この二品で十分お腹いっぱい。
プラスわたしは新鮮なオイスターを。最近食べなくなっていたけど、やはり美味しい。

img_8624
満腹になったあとはCOSでお買い物。

H&M系列のシンプルなブランド。
お友達からきっとノリコが好きだと思う❤︎と聞いて楽しみにやってきた。
正にわたしのツボ。
あとで聞いたら上海にはヴィトンビルにお店があるけど、それなりにお高いらしい。
バルセロナではニットやワンピースが30-90Euroくらい。まぁ手頃かしら。
買うつもりはなかったのに思いきり買い物スイッチ入ってしまった、笑。

夜からはガウディ、アゲイン。カサ バトリョ、バトリョ邸。
19時に予約って遅すぎるかなと思っていたのだけど、人も少なくて丁度良かった。

窓や柱の曲線とファザードのデザイン。
温かみのある光に魅了されて、観るのに思っていたより時間がかかる。

圧巻、まるで海の中にいるかのよう。
ブルーのグラデーションと窓の大きさで空間を作る。
包まれてる感が心地よくて、しばらくその場から動けなかった。

観終わって外に出る頃には真っ暗。
20時半頃、道端のベンチに座り二人動けなくなっていた。
なんか食べたいけど動きたくない、とお互いが思っていて、トリップアドバイザー先生に聞いてみる。2ブロック先に昨日訪れたバルの姉妹店を発見して、とにかくお店まで頑張ろうと立ち上がる。
が、歩き出してお店まで後1ブロックのところの信号で二人して挫けてしまう。もうここでいいか…と交差点にあったお店に直感的に入る。

まさかそこで旅を衝撃的なものにする出会いが待ち受けるとは思いもよらず。

ガウディをめぐるBCNの旅/Day1

もう数週間前のことになるけど綴らずにはいられない旅の話し。
9月11日~17日までバルセロナ。
珍しくヨガとは関係のない単なる旅。しかも久しぶりのヨーロッパ。
ヨガ友のふくちゃんがマドリッドに滞在中の三週間の間に行けたらいいなーと話した三ヶ月ほど前。
何となくチケットを探したら高くなくてフライトをブック。
宿泊は数日前にお友達のふくちゃんがアレンジ、現地集合で旅は始まった。

イスタンブール経由ターキッシュエアラインでバルセロナ イン。
ホテルチェックイン後、ロングフライトの私とは対照的に元気なふくちゃん。お疲れな私はシャワーを浴びて落ち着かせる。
img_8499
タパスを食べながら近況報告と旅の打ち合わせ。
そう、何も決まっていない、笑。
fullsizerender-22
近況報告が長すぎて具体的にプランは決まらず。
二人の近況がディープ過ぎて、何となく漠然とスケジュールを決めただけで終わる。

バルでのんびり過ごしたあとは街をぶらぶら。あっとゆう間に夕方。
img_8521
満月が近くゴシック地区が妖艶に月に照らされる。
わたしは結構な疲労でやられていたが、元気いっぱいのふくちゃんはテンションあがりまくり。
img_8523
旅のチカラは偉大なり。なんとか踏ん張り1日めを終える。

9月/バジル/ローズマリー

IMG_8424
元気すぎて大変なことに。
バジルとローズマリーを大量に収穫した土曜午後。

風邪をひいていたのが疲れと重なり遂に悪化。
金曜にムリをしたのが良くなかったー。
水曜から続いていた微熱が土曜の朝に完全なる熱になって、レッスン後に帰宅したら寝る。数時間眠ったら少し落ち着いたので、掃除したり片付けをしたら、また熱った、笑。まぁしんどいね。

それでもキレイになった部屋で、ハーブにふれてホッコリした日。
丁寧な毎日が生きてる感じがして、特別じゃない穏やかな幸せを感じる。

IMG_8423
熱で食べれないけどバジルソースを作り。
ローズマリーは半分はドライにして、また料理に使う。

FullSizeRender-5
残りはお風呂に入れようと思う。
すっごい癒しの香り。
保湿効果が高く、浮腫みも取れるんだって。

微熱に戻った日曜は、体調を考えながらのんびりな朝を過ごす。
午後からは様子を見て少しお出かけも出来ますように。